これまでの鈴木さん記事
-----------------------------------
・交際まで↓↓
       
・交際後マルチ発覚~受入れ↓↓
        
    
・順調~初めての険悪ムードまで↓↓
       
  
・コミュニケーション侮ってる↓↓
    
・遅刻で謝らない↓↓
     
・違和感エトセトラ
       51
52
・クリスマスの屈辱
53 54 55 56 57 
・年末年始とマルチ掘り下げ
58 59 60 61 
・相容れないのに執着していく様
62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76
・スマホを壊して二人も壊れる
77 78 79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89
・かりそめの復活
90 91 92 
・メッキが剥がれてどんどん悪化
93 94 95 96 97 98 99
100 101
 
・マルチを応援できず更に冷え込む
102 103 104 105
106 107 108 109
・別れへ
110 111 112 113 114 115
116 117 
・別れた後
118 119 120 121 122 123  
・分析編
      
最終話
 
-----------------------------------
※ページ下部に次話のリンクもあります
※キャラの絵はエンタメ的超絶フィクションです(自画像じゃないです)。

1

2
3
5

何というか・・・
この回と明日の回は




わたしが当ブログで
婚活勢の皆さんに一番
お伝えしたい内容かもしれません。




他人に興味が持てない、
というのは
程度の差があり




致命的というほどのものでない
ということも結構あるかと思います。




斯く言う夫も
自分のプライベートの関係の
ごく内輪の数人にしか
興味の範囲はなく




大多数の人に対しては
相当ドライです。




でも鈴木さんの場合は
他人に興味がないという表現では生ぬるい。




自分以外に興味が持てない。
持とうとも思わない。
持つという感覚がない。




こんな感じです。




マンガの例だと
「好きなもの」のように描いてますが




好きなものにとどまらず
万事これです。




あらゆる相手の価値観に対して万事これ。




相手を否定していないことで
一見尊重したり
受け入れてくれているように
見えなくも無いですが、




全然違います。




尊重というのは
知って理解して大事にすることだと思いますが、




鈴木さんのは
単に興味がないから侵害しないというだけです。




・・・・ちなみに鈴木さんと居て
「くそつまらん」と
定期的に思ったのも




これが理由なんだと思います。




「女性を大事にする」という行動が
とてもマニュアル的だったのも
きっとこれが理由だと思います。




相手に興味がないので
ケースバイケースには全然
対応できないというか
する気もないというか




これでいいだろう
喜ぶだろう的な感じかと思います。




会話については以前も書きましたが
相手(鈴木さん)が能動的に会話をしないので




会話のキャッチボールというか
パズルができない感じというか・・
こちらの言葉の選択肢が
なくなっていくというか・・・。




掛け合いで生まれる会話
というのが極端にないんですよね・・・。




他人ならその程度でいい。
仕事の付き合い、
ごくたまに会う友人
こういう浅い付き合いで問題ない
場合はこれで全然いいと思います。





でも恋人とか
結婚相手、家族、親友なら
こういう人といると
孤独を感じることこの上ないというか。




恋人とかだと
ちょっと何で一緒に居るかわからない
と思えてくるのではないかなと思います。
(わたしが一緒に居続けたのは
自分の承認欲求からです)




鈴木さんを思い起こすと
おそらく彼は
30年以上そのスタンスできて




何も不自由しなかったし
困らなかったし
楽しく生きてきたので




その自分のスタンスに
疑問すらわかないのだろうと思います。
そんな感じ。




これは
上っぺらでただの恋人同士なだけなら




週1~2日、
数時間しか合わないような関係なら




二人の生活が全く別物で
混ぜ合わせる必要のない関係なら




さして問題はないと思います。




でも
結婚だから。




将来的に見据えたいのは結婚だから・・・




長い結婚生活ではきっと




相手が「嫌そうだな」と
自分で察したり想像、推測するだけでは




夫婦仲を保ち続けるのは
難しいと思うんですね。
どんなに相性が良くても。




一方的に察するだけでは
必ず自分の主観が入るので
あくまで想像の域をでません。




本音は相手にしか分からない。




我々夫婦はお互い
そこそこ「察する」タイプだと思いますが、




それでもやはりお互いの
本意、真意などとは
ズレていたり
思い違いをしていることもあります。




フィーリングが抜群なわけでは
ないからかもしれませんが、




例えば姉夫婦は
フィーリングが抜群に合う夫婦ですが




それでも話し合ったり
ぶつかったりは珍しくないようです。




やはり他人である以上
どんなに相性が良くても




お互いを知る努力をして
コミュニケーションをこまめにとる
という努力は必要だと思います。




合ってすぐとか
1年の付き合いで分かることも
勿論沢山あるけれど




コミュニケーションをとらず




自分で勝手に察するだけで
相手の全てを知ったような気になるのは




それこそとても傲慢だと思います。




その察したことが
本当に合ってるかなんてわからないです。




鈴木さんはそんな感じ・・・
勝手に察して自己完結みたいな感じ・・・




鈴木さんには
一緒に居ても
未来が全く見えないと言われましたが




返す言葉で全く同じことを
言えたであろうほど




わたしも未来は見えていなかったです。
(50話参照)




わたしの瀬に立つと
この「自分以外に興味が持てない」致命的だったと思います。




直感的には
薄々気付いていたので
直感てすごいな~と改めて思います。




自分のメンタルに芯が通っていて
自分のことももっと具体的に理解していて




更に
経験としてももう少し豊富だったなら




今回の記事のことに気付いた時点で
すぐ別れられただろうなと思う次第です。




ちなみに
話し合える、向き合えるというのは




どんな深刻な話題でも
この価値観の交換ができること、
だと思います。






↓直感が働いたとき





--------------------------------

7月一杯の更新分はセット完了しました。


これ以降、出産等で
あまりブログの確認がまめに
出来なくなる可能性が高いので
ご理解の程よろしくお願い致します。



温かいお言葉をかけて下さる皆さま
どうもありがとうございます。
出産頑張ります!

--------------------------------

次の鈴木さん記事を読む

↓ブログのキャラはわたしの自画像じゃないという旨ご理解頂けると幸いです。ただのエンタメです。あとセンスの無さと力不足。
 



応援頂けると幸いです。


↓下記画像から婚活1期記事一覧へいけます。
1

↓下記画像から婚活2期(ネット婚活)記事一覧へいけます。
2

↓下記画像から「婚活での辛い体験一覧」へいけます。
1



ちょいちょいつぶやいてます




特に本編とは無関係ですが、頑張って描いたという理由だけで置いておきます。(田中さん編を始めから読む)しつこく置き続ける・・
67