シカブロ-平凡女(アラサー)の婚活日記-

10人並みの平凡なアラサー女が紆余曲折の5年の婚活を経て結婚に至った回想を、時には少女漫画調も入れつつ綴ります。 そして「結婚はゴールじゃない・・」ということで、結婚後の夫婦の日常も平和に綴ります。

カテゴリ: 婚活分析記事

すみません佐藤さん記事はネームのストックができてなく更新できずです・・・別のストック記事です。ここで誤解が無いようにお伝えしますが、わたしは面食いというわけではないです。夫には申し訳ないので秘密だが、夫の写真を見た友人に「優しそうだね」と言われたりしてい

現在本編?のほうで大分しんどい展開になっているのでつい中休み的に平和な記事を書きたくなります。なので夫との記事を。結婚生活にはパートナーに対して「誠実」であるということは個人的に最も必要な要素では?と思っています。それは男女の仲での誠実さだけでなく人とし

いや、夫が嬉しそうで何よりですけれども。ちゃんとした所に行く用とかはきれいな状態のものが別であるという点とか人前に出るような場合はそういうのは身に着けないとかそういう点でも似ているようです。払うときは払うとかそういう点も似ています。堅実で助かっています。

同棲して気付いたのですが絶妙に違う色味で違うメーカーのものを2~3枚もっていたんですよ。大体他のシャツやニット、パンツもそんな感じ。服は好みが一貫しており彼の中の定番の色、柄、形がある模様。そしてある日、ホンマでっか!TVを二人で見ていたんですが、植木先生か

と、いうことに気付いてからこういう話をするのはやめました・・・!いや、何か悪気無く単純に人の家庭のラブラブのろけ話とか夫の良いところ好きなところとか別に人様が聞いても楽しくないんじゃないか???と思いある種のサービス精神というかネタ的に話しちゃってたんで

いや~何か暗い記事ですみません。この時期はこれまでの婚活の上手くいかなさにメンタルがかなり谷底でした。あと29~30の境でどうにもならない体の老化というのを人生で初めて自覚したりして何か色々ダメージをくらってました。今が一番若いはずなのに髪の毛がやたら抜けた

いや、凄く結婚がしたい人で間違ってないんですけれども。ちょっと何故この記事をかいたのかあまり覚えていませんが、描いてあったので出しました。多分・・・・分かり合えないな・・というのを描きたかったんだと思われます。婚活の話は婚活していたり、結婚願望が強くある

言葉の影響力って本当に凄いなぁって思うんですよ。婚活しているときに心底実感しました。誰かに褒められたとき凄く嬉しかったり逆に否定の言葉を言われたら結構長く心に刺さったままだったり他人に言われた言葉に大なり小なり左右されます。他人の言葉に影響を受けたりちゃ

漫画がわかり難かったらすみません・・・何か、婚活をしているとやれ妥協したほうがいいとかやれ理想をもっともっと下げろなどなど・・・・よく言われると思います。わたしは途中まで基本的に本能や直感で相手を判断していました。そうすると全然進展しない・・・・・なので

自称Sは8割方Sじゃない説。多分、地味顔だからってだけでわたしをM認定してるんだと思う。自分のSをアピールしたいがために・・!そう、小道具扱いかよっていう。いや、わたしが愛想振りまきがちだったのも問題だったとは思う反省してる。あと、人を落として笑いを取ろうとす