これまでの鈴木さん記事
-----------------------------------
・交際まで↓↓
       
・交際後マルチ発覚~受入れ↓↓
        
    
・順調~初めての険悪ムードまで↓↓
       
  
・コミュニケーション侮ってる↓↓
    
・遅刻で謝らない↓↓
     
・違和感エトセトラ
       51
52
・クリスマスの屈辱
53 54 55 56 57 
・年末年始とマルチ掘り下げ
58 59 60 61 
・相容れないのに執着していく様
62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76
・スマホを壊して二人も壊れる
77 78 79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89
・かりそめの復活
90 91 92 
・メッキが剥がれてどんどん悪化
93 94 95 96 97 98 99
100 101
 
・マルチを応援できず更に冷え込む
102 103 104 105
106 107 108 109
・別れへ
110 111 112 113 114 115
116 117 
・別れた後
118 119 120 121 122 123  
-----------------------------------

※ページ下部に次話のリンクもあります
※キャラの絵はエンタメ的超絶フィクションです(自画像じゃないです)。

1
2
3

楽しかったし幸せだった、




というのは真っ赤な嘘です。




全然幸せじゃ、ねぇぇぇーー




というのはこれまでの
エピソードの通りです。




美談にしました。
鈴木さんが好きな上っぺらの美談。




自分でも結構性格悪いかな
と当時も思いましたが、




何言っても通じない相手に
言いたいこと言ってすっきりする
というよりは




ずっと人との絆深められないループに居ればいい




とか思ってしまったんですね。
今思うと中々腹黒です。
当時は精神的にあまり健全ではなかったので。
(メンヘラ化?してた)




元カノとの話を聞いてる限りでも
同じ問題で駄目になったんだろう
と思ったので。
(本人はひたすら相手がマルチを
理解してくれないからと思っていそうでしたが)




あとは当時は
具体的に理路整然と
「人に興味が無いのが嫌」
という説明はできませんでした。
(そこを具体的に感じたのは
別れた後だった)




なので、
ひとつひとつのエピソードで
「こういう所が嫌だった」
と伝えたとしても




「ヒステリックに切れてるな」
くらいにしか思わないだろう
みたいのを
頭の隅で感じてたんですね。




だから
わたしの考えを言っても
更にこちらを見下しにかかるだろうな、と。




多分、鈴木さん的には
「彼女は僕のことが大好きだった。
別れで号泣するほどだった。
けど自分の夢(マルチ)に
ついてきてくれる子ではなかった。
僕は志のせいで彼女を傷付けてしまった。
彼女も僕も幸せになれればいいなぁ・・」




というようなことを思ってそうだと
最後、彼を見てて思いました。





次の鈴木さん記事を読む

↓ブログのキャラはわたしの自画像じゃないという旨ご理解頂けると幸いです。ただのエンタメです。あとセンスの無さと力不足。
 



応援頂けると幸いです。


↓下記画像から婚活1期記事一覧へいけます。
1

↓下記画像から婚活2期(ネット婚活)記事一覧へいけます。
2

↓下記画像から「婚活での辛い体験一覧」へいけます
1



ちょいちょいつぶやいてます




特に本編とは無関係ですが、頑張って描いたという理由だけで置いておきます。(田中さん編を始めから読む)しつこく置き続ける・・
67