-----------------------------------------------------

【自己紹介】

管理人:シカ

プロフィール1
・元婚活ファイター
・取柄など特になし、平凡10人並み
・5年の婚活沼にどっぷりはまっていたが
 33歳でようやく抜け出し結婚
・ブログは沼での地獄話が多め
・現在妊娠中(妊娠レポも描きたい・・)
(絵は自画像ではなくエンタメ的に描いてます)



プロフィール2
・地蔵系
・4低男子
・管理人を沼から救い上げた
・本人の婚活歴は4カ月(羨ましい)
(絵は自画像ではなくエンタメ的に描いてます)


-----------------------------------------------------

1

2
メンタル立て直しの③つ目です。
(間が空いてすみません)
超長文・・・




今回のわたしの主張は
発する言葉や
目にする文字を
意図的に択ぶ、です。




これが一番日常でやり易いかもしれません。




言葉の威力って
じわじわと、
でも確実に
しかも結構重くあるんですよね。




例えば
食あたりって
その日中にお腹壊したりすると思うんですけど、




そういう即効性のある害じゃなくて




紫外線みたいな感じかな~と。




足の甲に日焼け止めを塗らずに
毎日パンプスで出勤して、
ひと夏終わって気付いたら
パンプスの跡がくっきり
足の甲に残っちゃう(日焼け)みたいな。




しかもケアしないと蓄積されて
どんどん乾燥シワシミに
なっていくという・・




日々の中ではダメージに気付かないけど




月単位とか年単位でみたら
相当心のダメージになってると思うんですよ。




わたしは5年の婚活を通して
前半と後半では行動面で
如実に違うことがいくつかありまして




・悪口女子会に参加しない
・相手男性の悪口を言わない
・成功体験談を読み漁る(自分と年齢が近ければ尚良い)




この三つは
婚活Ⅳ期でかなり意識していました。




婚活してる女性の集いは
Ⅳ期には本当にあまり参加しなくなり
婚活仲間がほぼいなくなりました・・w




でもメンタルは逆に安定軌道にのったと思います。




(ちょっと脱線しますが・・)
考えてもみてほしいのですが




逆に男性が集まって
女性をこき下ろしてるのとか
凄い嫌じゃないですか?




いい女いない
ブスばっか
デブ足太い女じゃない
ババアに価値ない
なまいき
婚活来る女なんて売れ残り
あんな服装あり得ないダサい
普通女なら~して当然なのに出来てないからレベル低い
ランク低い底辺
デブス、ドブス




とか
特段ひどいこととか
迷惑を掛けられたわけでもないのに




何目線だろう?的に
ほぼ赤の他人のことを
批判否定しまくってる男性どうですか?
近寄りたくなくないですか?
結婚するの怖くないですか?
(わたしは性別関係なく
人として嫌だという話です。
・・個人の価値観です。)




興味持てないとか
生理的に無理なら
無関心でいいじゃんという感じです。




この手の批判をする人は
自分のコンプレックスとか
承認欲求に繋がってるとしか
思えないのですが・・




多分自身の承認欲求を拗らせてると
男性のそういう言葉を
仮に聞いたとしても




「そう言われない思われないわたしには価値がある」




という感じの思考になっていくのが予想できますが・・・。




ネットやSNSでの
文字コメントつぶやきも
精神的に荒んでたり
自己肯定感が低い状態では
見るものに注意した方がいいと思います。




中傷や叩き、批判は




誰かの
どこの誰かもわからない人の
人柄や背景も分からない人の
言葉のはずですが




強い、攻撃的な言葉や文字って
凄く毒になるんですよね。
そして突き刺さる。




特に自己肯定感が低い状況だと
攻撃的な言葉や批判を目の当たりにしたとき




・この人の価値観はこうなんだな
・あなたはそういう考えなんですね
わたしはちょっと違う考えです




こんな感じの
自分と他者との
線引きが出来にくい状態だと思うんです。




この線引きが
出来ないことが悪いというよりも




出来ないので
どんなに毒のある言葉でも
偏った価値観でも
ただの個人的な価値観に過ぎなくても




自分に重ねたり
世間一般のスタンダードのように思えて




自分を責めたり傷つけちゃうといいますか。




自分とは違うとか関係ないと
思うことが難しい。




だから自分の軸ができるまでは
意図的に意識して離れる方がいいと思います。
自分のために。




容姿至上主義
拝金至上主義
学歴、年齢など・・・・




こういういわゆるスペック志向の方に
多いと思うのですが




30歳以上の女性に価値が無いとか
相手男性が自分の望むような人じゃないと
仇のようにディスったり見下したり




これって本当は言ってる人の
一つの価値観でしかないはずなのです。
世間の総意でも何でもない。




そういう価値観の人が居て
更に一定数いるというだけで。




リンゴが好きとか
ミカンが好きというのと
あまり大差ないというか・・・




幸せの価値は
人の数だけあるというのが
わたしは真理だと思っていますが




自己肯定感が低いと
他人の評価を特に気にするので




「幸せはひとそれぞれ」
みたいなふんわりしたものだと
響かないんですよね。




自分の軸が無い状態に近いので
自分の幸せの価値観が
出来てないというか




人に認められたい
受け入れられたい
自分の価値観考えに自信が持てない
という気持ちが強いと思うので




赤の他人、
自分以外の人間が提示する
明確な「容姿が全て」「若ければ若いほどいい」




みたいな方が納得しやすいというか、
響いちゃうんですよね。
好むと好まざると。




例えば浮気不倫されたりした方が




「自分より若くて
可愛い子がいて
そんな子が誘ってきたら
男はみんなそっちを択ぶのは本能として当然」




とか言われると
そうなんだ、と思っちゃうんですよ。
自己肯定感低いと。




でも違うんですよ。




まず容姿なんて
好みが人それぞれじゃないですか。
他の人が生理的に無理でも
自分的には好ましいなんて
世間ではザラにあると思います。
(美男美女が絶対的に
カップルになってるとも限らない)




それから
若くてかわいい子が現れて
誘ってきたとしても
浮気不倫をしない人はしないし




その状況で浮気不倫する人は
する人の欲とか自己愛とか逃避とか
ただの不誠実じゃないですか。




浮気不倫をする前段階に
本当は
二人が問題を探せない
擦り合わせられないとかの




向き合えなかった事実が
どこかにあったはずで
それは二人の問題なので




そこに関しては
どちらも悪いというのはあると思います。
(相手の一方的な向き合えない逃げる
などの不誠実も勿論ある)




その先に浮気不倫があるのであって
そこからはされた方は
あまり関係がないと
わたしは思っています(あくまでわたしの価値観)。




した方が勝手に
理由を相手のせいにしてるだけ。
(繰り返しますが本当の理由は
お互いが向き合えなかったとか
どちらかが向き合わず
そのことで答えや
結論を出さなかっただけ)



でも容姿年齢至上主義の人は
容姿年齢で判断する世界しか見てきてないから




容姿年齢などに関係なく
浮気不倫をしない人はしない
という世界は受け入れられないし
信じられないし存在しない。




その主張をする人の世界では
容姿年齢が絶対の価値なので
そこに関しての主張の言葉が強いんですよね。




だからその強い言葉に影響されて
自分に当てはめて
自分を責める流れに
なるんだと思うんです。
自己肯定感が低いと。




浮気不倫に関しては
どう考えても
騙したり裏切ったりする方が悪いんですよ。




どちらも悪いというのは
もっと前の段階の話のはずだと
わたしは思います。




女をサボってるから自分が悪いとか・・
それすらも人それぞれだと思います。




容姿をサボっても
全然女として見てくれる男性もいるし
容姿を頑張って磨いてても
よそ見する男性もいるのが
現実だと思います。




容姿年齢学歴収入・・
このあたりは目に見えて
分かり易い、判断し易い、納得し易い
物差しかもしれません。




だけど
絶対的価値ではないです。




ちなみに・・・
年齢や容姿など
自分ではどうにもならない面を
価値観の中心に据えるのは
主張してるご本人もさぞ辛いだろうなと思います。




必ず自分を責めることになると思うので。
あるときは他人をけなして
あるときは自分を責める・・
みたいなことをしてるんだと思います。




そうして自己肯定感が下がり
承認欲求を拗らせる
ループになったりするんだろうと思います。




話が逸れてすみません・・・




ようは
何かで発信している価値観は
(このブログも例に洩れませんが)




ただ一人の価値観に過ぎない。




だから本当は
良いと思うもの、違うと思うものは
自分で択んで判断していいんですよね。




もし自己肯定感が低い状況で
誰かの価値観の影響を強く
受ける状態なのだとしたら




無理にでも
前向きだったり温かかったり
優しかったり・・・
良いものの方がいいじゃないですか。




何かを執拗に攻撃したりするのを
見ることもないというか。




わざわざ自分を責めたり
毒を受ける材料を見に行く必要は
ないんじゃないかなと思う次第です。




というかそれをすると
自己肯定感が更に下がると思われます。




また
成功体験談を見るということについて。




これは
鈴木さん編の直後に
座骨神経痛になったときの話ですが、




当初わたしは
その痛みや自分の体の不自由さに
物凄い絶望してまして、




本当にもう治らないんじゃないか・・




ということすら
頭をよぎってたんですよ。




で、そのときは
ネットで検索することも無意識に
「座骨神経痛 治らない」
「座骨神経痛 根治 難しい」




みたいな感じになって
余計負の感情に陥ってました。




でもあるとき
ふと底まで落ち過ぎたのか




逆に
絶対治してやる
っていう気持ちに切り替わったんですね。




そうしたら
検索するワードも自然と
「座骨神経痛 根治」
「座骨神経痛 治す」




みたいに変化したんです。




そしたら数は少ないですが
やはりそういう体験談の
ブログとかが出てきて、
しかも有益な情報がかなりあって




そこから症状も
一気に回復していったんです。




そんな経緯が婚活Ⅳ期の
直前にあったので




・言葉を択ぶ
・情報を択ぶ
・検索を択ぶ
・価値観を択ぶ




これらでかなり状況や精神面が変わる
というのを実感していました。




なので婚活Ⅳ期では
婚活の成功体験談を読み漁りました。




どこの誰かもわからない
匿名書き込みやSNSアカウント、ネット記事の
批判的な上からアドバイス、
個人の価値観による攻撃的な言葉
(女は30歳以上は価値が下がるとか
婚活に来る女の容姿は並以下
売れ残りなどなど・・)




対面のコミュニケーションではなく
ただの文字の羅列や主張




こういうのを見るより
はるかに有意義で
自分の心にもいいと思います。
というか上記の情報を見る意味はないと思っています。




婚活サイトや結婚相談所は
もっともっと
会員の成婚体験談を沢山
掲載したらいいのにな~と思います。




結婚できるのは40代では〇%しか~
とかそんな情報で落ち込むより




40代で成婚した人の体験談を
沢山見る方がはるかに
結婚が近付くと思います。




それに
年齢や容姿、
その他のもろもろは
自分が経験したもの
自分で見た現実が全てというか・・・




勿論
それらが簡単だったり
生易しいわけではないでしょうが
(厳しい現実も勿論ある)




厳しい現実は自分の体験で十分で
リアリティのない
パソコンやスマホの中にまで
求める必要もないかなと思います。




それから婚活は
自分が「この人がいい」「十分」と
納得する相手を探すのだから
多少時間がかかっても
やむを得ないことだとも思います。




片手で足りる程度で
最良の相手が見つかる人は
よほど自分を性格に理解している人だけだと思うので。
(・・・夫がそうですが・・)





-------------------------------------




ちなみに
わたしが言葉の威力を感じ
気を付けようと思ったエピソードがあります。





鈴木さんと別れた時。




好きではなかったけれど
もう鈴木憎しだったんですよね。




心の中で彼をディスりまくりました。




でもそうすると
自分が辛いんですよね。
凄い辛い。
全然楽にならない。




だから
何の思い付きか




「鈴木さんの幸せを願う」
と頭でつぶやく?ことにしたんです。




全然一ミリも思ってなかったですけどw
(むしろ不幸になれ位の頭でした)




でも
無理やり言葉だけ
それを繰り返すことにしたんです。




鈴木さんを批判したくなったら




それを口だけ的に
強引にしてたら




不思議と本当にそんな気持ちになれたんです。




心の中が温かくなるような。
すごく不思議でした。




それを経験してから
言葉ってすごいな、怖いなと
心で理解するようになりました。




改めてまとめますが、



①攻撃的な言葉や誰かの中傷、ディスりの情報や発信には近づかない



②悪口大会になるような婚活女子会には参加せず距離をとる



③自分も婚活で会った男性の悪口は言わない


④婚活の成功体験を読み漁って良いイメージを持つ



⑤誰かを非難する思考が湧いたら一旦ストップする
→自分の心が荒んでないか考える



⑥とにかく寝る
睡眠不足だとそれだけで人の心は荒みます



⑦糖質の取り過ぎは控える
白砂糖はイライラを誘発します




あと、これも本当にやめた方がいいと思うのが




⑧「愛される女性の特徴4選」みたいなコラムは読まない




いや、ほんとに。




・・・はい、読んでましたわたしは。




でもⅣ期以降は自然と読まなくなった。




今その手の記事を見ても思いますが、



とても一般的な
「人として大事だよね」ということが
書いてある場合もありますが、




そんなん人それぞれ相性とか
得手不得手
性格とか・・・




いろいろあるんだから
一概に言えないよ・・・




と思うことがもう本当に多いです。




目に入る情報や言葉、文字は
意外に自分の精神面を落とすことに
如実に繋がっていたりするので




このあたりを意識することは結構大事だと
切実にお伝えしたい次第です。




超長文を
最後までご拝読頂きありがとうございました。



↓メンタル立て直し①と②




↓婚活でアポが辛いときの対処方


↓承認欲求を拗らせている方の一例。この類の批判の多い婚活女子会には行くのをやめました

↓「男はみんなそう思ってる」ばりにこういうことを言ってきます





↓ブログのキャラはわたしの自画像じゃないという旨ご理解頂けると幸いです。ただのエンタメです。あとセンスの無さと力不足。
 



応援頂けると幸いです。


↓下記画像からネット婚活記事一覧へいけます。
1

1



ちょいちょいつぶやいてます




特に本編とは無関係ですが、頑張って描いたという理由だけで置いておきます。(田中さん編を始めから読む)しつこく置き続ける・・
67