これまでの鈴木さん記事
-----------------------------------
・交際まで↓↓
       
・交際後マルチ発覚~受入れ↓↓
        
    
・順調~初めての険悪ムードまで↓↓
       
  
・コミュニケーション侮ってる↓↓
    
・遅刻で謝らない↓↓
     
・違和感エトセトラ
       51
52
・クリスマスの屈辱
53 54 55 56 57 
・年末年始とマルチ掘り下げ
58 59 60 61 
・相容れないのに執着していく様
62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76
・スマホを壊して二人も壊れる
77 78 79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89
・かりそめの復活
90 91 92 
・メッキが剥がれてどんどん悪化
93 94 95 96 97 98 99
100 101
 
・マルチを応援できず更に冷え込む
102 103 104 105
106 107 108 109
・別れへ
110 111 112 113 114 115
116 117 
・別れた後
118 119 120 121 122 123  
・分析編
      
最終話
 
-----------------------------------
※ページ下部に次話のリンクもあります
※キャラの絵はエンタメ的超絶フィクションです(自画像じゃないです)。

1

2

何だ結構冷静じゃないか・・・という。




今回からの考察は
実際に当時自分でつけていた
日記にかいてあった心情を
そのまま文字にしています。
※全交際期間を通して10ページもないんですが・・・




当時の日記を今見返しても
あ、なんだちゃんと自分を冷静に
分析できてるじゃないか~




と、思うことも書いてるんですよね・・




まぁそれだけじゃないから
執着恋愛を終わらせられないんですけれども




そして、
書いてある通り、




当時鈴木さんからの「愛」というのを




上っぺらの「女性扱い、お姫様扱い」
というものでしか
感じることができなかったんです。




感じられないというより
事実、それしかなかったと思います。




つまり愛じゃない。
(ってことは当時見ようとしていない)




そしてそこまで
あからさまではないけれど
(鈴木さん自体が
誠実な自分を理想としてるから)




でも確実に
釣った魚に~的な状況になっている。


次の鈴木さん記事を読む

↓ブログのキャラはわたしの自画像じゃないという旨ご理解頂けると幸いです。ただのエンタメです。あとセンスの無さと力不足。
 



応援頂けると幸いです。


↓下記画像からネット婚活記事一覧へいけます。
1

1



ちょいちょいつぶやいてます




特に本編とは無関係ですが、頑張って描いたという理由だけで置いておきます。(田中さん編を始めから読む)しつこく置き続ける・・
67