全話
  



ねずみ講エピソードの最後です。
延々と行われる「仕事の話」ですが、
ふと携帯を見ると23時をとっくに過ぎようとしていました・・


③-1
3


確か勧誘部屋には時計が無かった記憶が・・・
夜通しやって一番頭が朦朧とする時間に
追い込むつもりだったのだと思う。




そして帰りですが
めっちゃ引き留めてきて
全然帰らせてくれないので
可笑しいんですが
逆に帰らせてほしいって
お願いしました。何で?




もちろんその後は
彼女とは二度と会っていません。




同じバイト先だった他の仲間と
たまに会って飲んだりしますが、
バイト先の人のほとんどに
勧誘活動をしていたようなので
いまだに話題に上がります。




わたしの知る限りでは
それ以降会ってないという話しか聞かないので




本当に人間関係を焦土と化したな~と。




でも本当にびっくりしたんですが、
漫画記事にもあるように




当時見送りの際
彼女は泣いていたんですよ。




え.....??




純粋にいいものだと信じているんだな
と思うしかない感じの涙でした。




でも心の中でわたしは冷静につっこんだ。




わたしの入会金10万円、
何割かがそちらの懐に入るのだが・・・
と。
(入会金10万だか15万だかだった記憶)




何でバイト始めるのに
そんなに高いお金前納しないといけないんだーー
と、当時思った記憶があります。
設備投資でも何でもないのに・・




詐欺で謎にお金を振り込ませられるのと
同じような手口ですよね・・。




彼女たちは悪びれもせず
勧誘をしてきましたが、
友人からお金を巻き上げてることに
何の違和感も感じないのかな?
と、不思議で不思議で不思議です。




自分が入会するとき
快く払ったから
特に悪いものと思ってないのだろうか。




ちなみに今、
これ系のビジネスをするとしたら
成功するためにはどうやるかな・・?と
考えたのですが、




①自分の人脈は絶対に使わない
②都合のいいことは全面に押し出す(不労所得云々とか)
③マイナス面は一切話さない(純粋な利益は何人勧誘したら発生するかとか)
④システムの大枠をつかもうとする人には深追いしない
⑤「おいしい話」というロジックを完全に作りこみテンプレ化
⑥⑤の話に疑問を持たない人にガンガン押してく




・・・こんな感じでしょうか




いや~
非常に悪人な頭というか・・
実際にやったらメンタル病みそう。




良心の呵責とか
そういうのを一切無視して
上記を機械的にやっていけば
少しは利益が出るかしら・・・・?




考えただけでしんどいので
強靭なメンタルも必須ですね。無理っすわ。




こんなのやっぱり成功するには
目の前の人を「カモ」として見ていないと
できないですよね。




だから活動してる多くの人は
多分損をしていて
純粋にマルチ、ねずみ講のシステムを
いいものだと思ってるんだとは思います。




ちなみに、
鈴木さんもこのねずみ講の彼女も
結構な高学歴なんです。




ねずみ講の彼女に至っては
これに勧誘されるまでは
本当に「信頼できる真面目で良い人」
という風にわたしは思っていました。




だから思い出すたびに
何で勧誘なんかしてきたんだろう?
と疑問に思うし、




その答えは「本当にいいものだと信じていた」
からなんだろうと思うのですが、




そうすると
頭が良くて教養もある彼女が
こんなどう考えても儲からないシステムに
何の疑問もなくのめり込むのが
解せない・・・という




学力とか社会性とか世間とか・・
そういうのを考えられない人
じゃない印象だったのと
何か本当に宗教的に妄信してるような
そういうのを最後の涙で感じたので
未だに不可解です。




でもな~・・・
夜中に相手の意識が朦朧としてきた
時間を狙ってるあたり
確信犯的にやってたのかなぁ・・?
なんてのもよぎるので
やっぱり最低な気もしますね。ひどい話だ。




長くなりましたが、
以上がねずみ講勧誘されたエピソードの
一部始終となります。



改めて見てしまったグローバルTPS




↓ブログのキャラはわたしの自画像じゃないという旨ご理解頂けると幸いです。ただのエンタメです。あとセンスの無さと力不足。
 



まだマルチは可愛く見えるかもしれない
 


マルチとねずみ講の違いなど
 


応援頂けると幸いです。



1

1


ちょいちょいつぶやいてます




特に本編とは無関係ですが、頑張って描いたという理由だけで置いておきます。(田中さん編を始めから読む)しつこく置き続ける・・
67

更新通知が届きます