これまでの鈴木さん記事
-----------------------------------
・交際まで↓↓
       
・交際後マルチ発覚~受入れ↓↓
        
    
・順調~初めての険悪ムードまで↓↓
       
  
・コミュニケーション侮ってる↓↓
    
・遅刻で謝らない↓↓
     
・違和感エトセトラ
       51
52
・クリスマスの屈辱
53 54 55 56 57 
・年末年始とマルチ掘り下げ
58 59 60 61 
・相容れないのに執着していく様
62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76
・スマホを壊して二人も壊れる
77 78 79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89
・かりそめの復活
90 91 92 
・メッキが剥がれてどんどん悪化
93 94 95 96 97 98 99
100 101 102

-----------------------------------

※ページ下部に次話のリンクもあります
※キャラの絵はエンタメ的超絶フィクションです(自画像じゃないです)。
1

2

とは!!!!




これ、言い方によって
大分印象が変わると思うんですけどね・・




そう別の言い方
それは・・・・
みなさんご存知の通り




ずばり、
マルチです。
MLMと言うらしい。






ひ~~~~




・・・いや、実際は
勧誘はされていないので
具体的な営業内容は知らないんですけれども。




なので
本当にマルチだったかどうかの
確証はないんですけれども。
ネットワークビジネスとマルチに
厳密な用語の違い?があるのかは勉強不足で分かりません。すみません。




彼はネットワークビジネスと言っており
わたしがマルチだと思っていた次第です。
いや、同義だとは思います。




そして彼の活動は
9割方マルチだったと思われます。
多分。
在庫をめっちゃ持っていたので。
あと、セミナーや大人数飲み会なども。

総合的に単純な無店舗販売ではないよね、という。




彼自身、自分の活動を

マルチと言われるのを嫌がっている節があったので




本人も頭の隅ではうっすら

マルチをしている自覚があったのかなと思います。
(マルチという言葉の意味より、
それによって連想される「迷惑な勧誘活動」
の印象を嫌がったといいますか・・)

マルチと聞くと
こちらが望んでいないのに
自己の利益のために勝手に勧誘活動をしてくる
という印象がどうしてもある。




でも鈴木さんは
きれいごとを実践する大変さを知らずに
きれいごとを言うのが好きなタイプだったので
真っ当にお金を得る手段だという
思いからきていたのかなと今なら思います。




そして最近私は夫の持っている
「ナニワ金融道」で
改めてマルチの構造を知りました・・。
「ナニワ金融道」めっっっちゃ面白い。
今更ながらはまりました。
マルチの回は15巻からです。
青木さんの才能すごい。




ネットワークビジネス自体は合法なもので、




昨今インターネットが普及し

真っ当な稼ぎ方をしている方も
多く居るとは思いますし、
ご本人次第とは思いますが




悪質なやり方に転ぶ可能性も

相当数なのだろうな~・・と思ったりしました。
というかそういう迷惑行為になる
勧誘活動をしている人が多いから
マルチの印象が悪いという現実が
あると思います。





・・ご多分に漏れず、
この当時のわたしの中での印象も
断然良くない印象でした。
今も別に良くはない。
(詳しい理由がありますが、
また別記事にて描きたいと思います)




ちなみに「金持ち父さん~」の本ですが、
これはネットワークビジネスに
関連している本なのではなく、
あくまで経済関連の
ビジネス書のようですが
(読んではないですさーせん)、
なぜかネットワークビジネスを
している人がよく持っているそうです。
鈴木さんも持っていました。




マルチの人の
思考の依って立つところ
みたいな感じに使われがち
なのでしょうかね・・?
まさに鈴木さんのように
正当性を見出したいタイプの人に。
労働者の立場を脱却し
資本家になるのが賢いというようなことが
書いてあるのかな?と思ったり・・。


 
↓マルチとねずみ講の違い(勧誘されたよ!)




次の鈴木さん記事を読む


応援頂けると幸いです。


↓下記画像からネット婚活記事一覧へいけます。
1


ちょいちょいつぶやいてます




特に本編とは無関係ですが、頑張って描いたという理由だけで置いておきます。(田中さん編を始めから読む)しつこく置き続ける・・
67

更新通知が届きます