すみません
佐藤さん記事はネームのストックが
できてなく更新できずです・・・



別のストック記事です。


1

2
3

ここで誤解が無いように
お伝えしますが、



わたしは面食いというわけではないです。




夫には申し訳ないので秘密だが、
夫の写真を見た友人に
「優しそうだね」と
言われたりしています。
(※皆まで言いませんが、
どういうことかお分かりですね??)


いや、もちろんわたしも
夫の友人に「家庭的そうだね」
とか言われてるだろうけども。




でも、
記事で書いたように
自分が思っている以上に
厳然としたラインが存在し



ストライクゾーンというものが
明確だったのです。



とは言え
ここで主張したいのは



顔も大事だよね☆
ってことではないです。




自分の中で
結婚相手に求める条件の
優先順位を理解しなはれ!!!!!!




っということなのです。



これをするかしないかで
婚活の決着期間に大幅な違いが出ますので、



偉そうかもしれませんが
主張させて頂きます。




この容姿ということに関しては
自分自身の容姿がブスなので
あれこれ言うのもどうかと思いますが、




自分のなかでは
婚活に関しては恋愛がセットなので
この「見た目が自分的に好き」
という話は避けて通れなかったのだ
という思いもあります。




例えば容姿って
婚活をしていると真っ先に
「妥協しなさい」と言われる
項目です。



しかも容姿が優先度高いというのを
言おうものなら
けちょんけちょんに
「自分の見た目、レベルを云々」
と批判されるカテゴリーです。



だから大っぴらには言わない。
言わないけどこっそり優先度を上げました。
ブログで言っちゃってる




自分で自分の容姿の程度は理解をしています。




そしてわたしは
お付き合いした男性で
見た目がタイプではないが
徐々に好きになる
というのも経験しているので




婚活の結構後半まで
見た目の優先度みたいなのはさして
拘っておらず、
生理的に無理でなければOK
としていました。




結婚には
もっと必要な条件などが沢山ある。




それは分かっているし
婚活のアドバイス系では真っ先に
「妥協しろ」
と言われているのも念頭にある。




なのでこの条件に対しては
本当にあまり拘らずに婚活をしてきました。




でも、自分で思っている以上に
「よく分からないモヤモヤ」で
沼にはまっているんですね。



そしてある時
雷に打たれるように気付いてしまったんです。



そもそも生理的に大丈夫のラインが
自分が思っている以上に
厳しめであると。



気付いた以上は
どうにもならないので
向き合いました。



経済的な安定とか子供が欲しいとか
ただ結婚というものがしたいとか



そういうことのみで結婚するわけではないので。
※しかし結婚できているので
そこまで途方もない高望みという
ことでもなかったのだとも思います。
(いや、夫ごめんなさい。
でもわたしは夫の顔が好きです)



--------------------------------------------



だから、
例えば経済力ってのがどうっしても譲れない!




っていうならそれでいいと思います。



お金、豊かさ



これに関して譲れないなら
優先度を一番上にして。




でも優先度を上にするには
確固たる意志とか信念とか軸は絶対あったほうが
いいと思います。



軸はリアリティになるので。




理想が高い、でも下げられない・・
こんなんじゃ一生選ばれない見つからない
いつまでも夢見てるわたしはダメダメだ・・・



みたいに考えてしまうのは
条件に対してのリアリティが無いからかなと思います。



なぜ経済力が必要なのか?
なぜ高学歴がいいのか?
なぜ大手企業がいいのか?
なぜイケメンがいいのか?
なぜ高身長がいいのか?





これを自分自身のどの価値観と符号して
求めているのか?





これを考えるのはすごく重要だと思います。





自分自身を知るんです。



例えば、
学歴は譲れない、なぜか?と
自分自身に問いかけたときに


・自分は院卒で、
子にも同程度の教育は受けさせたい、
教育に関して価値観が同じ人がいい


とか


・就活で学歴の重要さを切実に感じたので
子の教育にも力を入れたいし
子への遺伝を考えると知性のある人がいい



など。
ただの一例ですが、
その条件を強く望んだ時には
軸が見つかると思います。
上記はただの例でわたしの希望を言っているわけではないのであしからずです。



上記の条件を突き詰めて
結局承認欲求に繋がってしまうことは
ままあると思います。





承認欲求と突き合わせて
自分で満たせる部分なら
結婚の条件としてはあまり重要ではないです。





また、突き合わせた結果
「周りから羨ましがられたい」
というところに行きついてしまうなら
自分でどうにか埋める方にシフトしたほうが
これからの人生が豊かになるし




自分でどうにもならないゆえの
不安定さも無くなります。




というか
周りに羨ましがられたい
というところに行きつく条件だと
あまり結婚の条件に関係無かったりします。
自分のコンプレックスが発露だから。
その場合は自分の内面と向き合うのが先です。



あれこれ書きましたが
やはり婚活を終えてみて思うのが
自分を理解するということが
婚活成功への
一番の近道だよなぁ、と
思った次第です。
↓己を理解してないとこうなります


↓ちなみに結婚したい理由



応援頂けると幸いです。


↓下記画像からネット婚活記事一覧へいけます。
1


ちょいちょいつぶやいてます




特に本編とは無関係ですが、頑張って描いたという理由だけで置いておきます。(田中さん編を始めから読む)しつこく置き続ける・・
67

更新通知が届きます