シカブロ-平凡女(アラサー)の婚活日記-

10人並みの平凡なアラサー女が紆余曲折の5年の婚活を経て結婚に至った回想を、時には少女漫画調も入れつつ綴ります。 そして「結婚はゴールじゃない・・」ということで、結婚後の夫婦の日常も平和に綴ります。

2019年05月

婚活の時、裏表の激しい男性の裏に気付くことができなかったらどうしよう・・・・・という恐怖がかなりありました。婚活で気にしていたことのトップ3に入るんではないか・・・・という感じだったので、めちゃめちゃ神経質になっていました。・・・・あるじゃないですか冷たい

しかし林先生が発動するまで・・・2年以上かかっているしょっぱさはあります・・・・以前別記事で「結婚願望が突如芽生えた(該当記事にとびます)」ことをお伝えしました。その出発点から始まり「婚活の本気スイッチが入った」理由が今回の記事となります。5年に及ぶ婚活です

※登場人物のビジュアルはハイパーフィクションモードです。昨日の記事で非常に分かりにくく漫画で描いてしまっていたのですが、田中さんに子が居るかは不明で、漫画上で「養育費が・・・」というのはわたしの妄想です。コメントで頂いて改めてなんてミスリードを呼ぶコマなんだ

※登場人物のビジュアルはハイパーフィクションモードです。婚活でのリアルな心情をお伝えするため、自分で悶々と悩んでいた時間のことも描いております。・バツがついている人がそもそも有なのか無なのか・・・?ユマちゃんに事実を聞いたときはまだピンときていなかったん

コメントを下さり本当にありがとうございますm(__)m!読むだけとなっておりすみませんとてもとても励みになっております※登場人物のビジュアルはハイーパーフィクションモードです。田中さんのバツイチが発覚しましたが、バツイチというのは更に「子供居る」か「子供居ない

婚活女子会トークが続きます。※登場人物のビジュアルはハイパーフィクションモードです。この頃のわたしの心境ですが、・傷つきたくない気持ちから「マイナス思考」が発動。→しかし、それは期待の裏返し的なものなので、別に本当に「遊びなんだろうな」と、認識しているわ

今回は婚活仲間のユマちゃんのお話です。彼女もまた、割と婚活が長引いていたタイプでした。※ちなみに彼女も、32歳で結婚をしています。【婚活での総合力が高い女性】ユマちゃんは、婚活でいえばかなり総合力が高いほうであるかと思います。・美人(和風顔)でスラっとして

超絶自分語り回です。結婚願望が芽生えた理由の記事になります。婚活を5年もやってまで何で結婚をしたかったのか。したくなったのか。と、いう話です。5年の婚活のなかで、結婚願望が深まるのに3つほどのフェーズがありまして、その始まりが結婚願望の芽生えです。めっちゃ自

※登場人物のビジュアルは心底フィクションです。この時はまだガチガチの婚活をしていなかったためか、20代アラサー当時、周囲では結婚の第2の波が来ていたためか(幸せラッシュ)・・・?なぜだかバツイチというのを身近に感じていませんでした。でもエリート寄りで、見た目も

※登場人物のビジュアルはフィクションオブフィクションです。・・・・・はい。バツがついてるそうです。当時のわたしは微塵もバツついてるという発想がなかったです。田中さんがそのあたりを一切感じさせない「自分の時間を自分のために使いたい独身」感が漂っていたと言い